ハルカカナタ

ゲーム好きのヲタク部屋

カテゴリ:日記 > 日常

今年の春原因不明の目の不調で
会社を休み1か月丸々休んでクビになる前に自主退職
正規雇用でもなかったのでそれまでの貯蓄で生活する日々
そろそろ4ヶ月貯蓄も無くなってきた
 
何もしてなかった訳でもなく
就活をしていたが
面接の時に原因がよくわからないが面接官に
「視力や色彩が損なわれる事がある」
と説明しながらの面接。

当然馬鹿正直すぎるという意見が大半で
数少ない友達にもそう言われる
でももう嘘つきたくないんさな。
今まで自分に嘘ついて生きてきたと思うから
もうその生き方でこのまま就職しても
長続き出来ないと思うから。

でも結局の所不器用な立ち回りとも言える
例えば最初黙って就職して
仲が良くなってきたらその人に個人的に説明する
なんてのが普通の流れだと思う
そんな上司や社長にまで言うことないと。

俺がここまでこういう事にこだわるのは自分を守るためなんだわ
もともと断れない性格で
仕事でも何かを頼まれると断れず
自分のキャパ以上の事を頼まれる度に心身ともに消耗して
鬱になった訳で。

どうしても言いたい理由はそこにある。 

↑このページのトップヘ