ハルカカナタ

ゲーム好きのヲタク部屋

カテゴリ: 日記

自分はかなりのニコニコ動画中毒者
1日3時間は視聴してるかと思う
 かれこれ有料登録もして4年はたっているけど自分自身飽きないのが恐ろしい

そしてお気に入りの動画投稿者をお気に入り登録(要はブックマークみたいなもの)
をしてそれらの人たちが動画投稿したら真っ先に観るのだ
最近は動画投稿以外にもブログを書かれる方もいらっしゃって

私のお気に入りの動画投稿者さんのブログが更新されてたので閲覧していた

tyabotyaboさんのブロマガ


tyabotyaboさんは動物の雑学などを中心に
馬鹿な自分にも面白おかしく勉強させてくれる数少ない動画投稿者の方で
彼はTwitter上にも自分が動画投稿したらツイートしていた
その動画を研究者本人が見つけてツイートしていたようだ (憶測)

tyabotyaboさんの場合、相手の方が寛容な方だったので事なきを得ている
でもこれからこういった事例は今のままでは無くなる事は無いだろう
著作権って非営利目的だとしてもトラブルの元になりかねないんだね
相手の対応も千差万別だから余計にややこしくなってるし

もし動画投稿者の方たちが全員許可を取りつつ動画投稿するなんてことになったら
それだけで時間を費やすだろうし一般人の動画投稿自体がかなり減少するんじゃないかと


投稿者コメントにコピーライトも記述されてます

一般人が動画投稿出来るようになってまだ数年だけど浸透率はものすごいものがあるし
出来ることなら文化としてこれからも存続していって欲しいと心から思う 

今年の春原因不明の目の不調で
会社を休み1か月丸々休んでクビになる前に自主退職
正規雇用でもなかったのでそれまでの貯蓄で生活する日々
そろそろ4ヶ月貯蓄も無くなってきた
 
何もしてなかった訳でもなく
就活をしていたが
面接の時に原因がよくわからないが面接官に
「視力や色彩が損なわれる事がある」
と説明しながらの面接。

当然馬鹿正直すぎるという意見が大半で
数少ない友達にもそう言われる
でももう嘘つきたくないんさな。
今まで自分に嘘ついて生きてきたと思うから
もうその生き方でこのまま就職しても
長続き出来ないと思うから。

でも結局の所不器用な立ち回りとも言える
例えば最初黙って就職して
仲が良くなってきたらその人に個人的に説明する
なんてのが普通の流れだと思う
そんな上司や社長にまで言うことないと。

俺がここまでこういう事にこだわるのは自分を守るためなんだわ
もともと断れない性格で
仕事でも何かを頼まれると断れず
自分のキャパ以上の事を頼まれる度に心身ともに消耗して
鬱になった訳で。

どうしても言いたい理由はそこにある。 

↑このページのトップヘ